KATCATの巣

ふしあわせという名の猫がいる-だから私はいつもひとりぼっちじゃない

歴史学を学んだこののない人間による「歴史」とはなにか

 

 最近、『「歴史に学ぶくらいならワンピースを」日本史学者・呉座勇一の警告』を読みました。

 

 研究者ではない歴史好きに大好評のようですし、呉座先生が何を言いたいのかは理解できます。

 ですが僕は「歴史物語好きで、物語をより楽しむために歴史学にも手を伸ばしている」人間なので、「歴史を『物語化』するのは全くお勧めしません」を読むとちょっとカチンときてしまいます。

 言いたいことは分かるはずなのになぜカチンとくるのかと、自分の心情が不思議に思えていろいろ考えていたのです。

 

 前にこのブログで『歴史の楽しみ方の2パターン』として「歴史好き」を「歴史学好き」と「歴史物語好き」に分けた事があります。それを元に大雑把に「歴史」を「歴史学」と「歴史物語」に分けて考えたら答えが見えてきました。

 

 呉座先生は歴史学者なので当然のように歴史を「歴史学」として語っているのに対して、僕のような「歴史物語好きで歴史学にも手を伸ばしている」人間にとって歴史は「歴史=歴史学+歴史物語」なのです。

 要するに同じ「歴史」といっても呉座先生と僕とではその意味が違っていたために誤解が発生しカチンときたわけですね。

 このような事を視野に入れて再度読んだら呉座先生の発言は「歴史物語を史実と勘違いするな」になり、僕が前から言ってきている事と一緒なのでそりゃあ言いたいこともわかるはずだとなるわけです。

 

 無事解決・・・・・と言いたいところですが、その上で問題提起を。

 この文章は発表媒体からすると、研究者や歴史学好きにではなくて一般読者に向けた文章ですよね。

 統計とか取ってないのでエビデンスとか無いですが、世間では僕みたいに「歴史=歴史学+歴史物語」と思っている人が、もしかしたら「歴史=歴史物語」と思っている人が多いですよね。

 それなのに何の説明もなく「歴史=歴史学」としたら、勘違いが生じて当然でしょう。歴史学好きの人が、「誤解した人たちは読解力が無い」と言っているのを見ました。しかし読解力だけの問題ではないと思いますよ。

 

 かなり大雑把なのは重々承知ですが、「歴史=歴史学+歴史物語」「歴史=歴史物語」が世間での理解かと思います。

 ですので一般読者向けの文章に何の説明もなく「歴史=歴史学」としたら、当然誤解を意味ますし、誤解を読解力の問題のみにしたら折角の主張も伝わらないと思います。