KATCATの巣

ふしあわせという名の猫がいる-だから私はいつもひとりぼっちじゃない

2018年3月終了アニメ感想

 

 2018年3月に終了したアニメの感想です。

 

 今回最後まで視聴した作品は『ゆるキャン△』『ハクメイとミコチ』『ポプテピピック』の3作品です。

 その中で好きな作品を順番付けすると①『ハクメイとミコチ』②『ゆるキャン△』③『ポプテピピック』の順番です。

 しかしどの作品を楽しんだかとなると①『ポプテピピック』②『ゆるキャン△』③『ハクメイとミコチ』になるのです。

 そこら辺が、評価とか感想とかいろいろブレて面白いなぁと考えてしまいました。

 

 

 

ハクメイとミコチ(最後まで視聴)

 原作から好きな作品なので、当然のように視聴。原作の雰囲気を見事にアニメで表現できていて、安心して視聴しました。

 

 が、僕の原作の感想はこの『樫木祐人『ハクメイとミコチ』感想』に書いたとおり「森で暮らす二人の小人の生活を覗き見している感覚」が好きなのです。

 なのでこのアニメで多用されたカットイン的な手法が最初はどうしても違和感を感じてしまいました。

 かといってカットイン的な手法が悪いという事ではなくて、かなり効果的に使われているのは判ります。ただ僕が原作で感じていたこの作品の魅力と上手くかみ合っていないという事であり、ようするにただの僕の我儘でしかないわけでした。

 まぁ、先に書いた通りカットイン的手法は効果的に使われているので、最後にはなれてあまり違和感を感じることが無くなっていったのですが。

 あとは一話を見て「コンジュってポンコツお嬢様って感じだったのに、そういえば初登場時はこんな感じで高飛車嫌味なお嬢様だったっけ?いつのまにポンコツになったんだったっけ?」とか考えていたら、一話も持たずにポンコツになったりとか。

 原作で読んだときにはあまり意識しなかったのですが、ハクメイって作中で一番髪形を変えているキャラだったんだなぁと思ったり。

 そんなこんなで原作を読んだ人間として、我儘を言いつつ十二分に楽しませていただきました。

 

 

 

 

ゆるキャン△(最後まで視聴)

 松ぼっくりをみると「コンニチワ」と聞こえてくるように感じるぐらいには楽しみました。

 あとは寒さで起きて温度を確認したら10度を下回っておらず、ふと『ゆるキャン』って「ゆる」なのに、寒さを考えたら全然緩くないよなと思った沖縄県民。

 あとは決してソロキャンを決して悪いものではない扱いだったのが、ボッチ人間としては嬉しかったとか。

 SNSの繋がりでも十分に仲良いところも良いよねとか。

 ツイッターで旅行や散策の様子を呟いている僕は作中のキャラと同じことをしている?まぁ、僕はボッチなので誰かに向けて呟いているわけではなくて、自分の為の活動記録だから違うわけです。つまり僕は志摩リンよりもソロレベルは高いのか?と謎の優越感に浸ったりです。

 

 

 

 

ポプテピピック(最後まで視聴)

 こちらも原作の頃から楽しんでいました。上で一番楽しんだと書いたとおり、語れば長くなるのでテーマを絞って。

 「人類に早すぎた」とか言われているのを見たのですが、僕にとってはそうではないのです。この感触はすでに約25年前に味わっているのです。『ウゴウゴルーガ』という番組でです。僕にとっては未来から来た何かではなくて、25年目の亡霊なんですよ。

 僕はテレビをあまり見ない人間なのでただの知識不足かもしれません。しかしこの感覚は『ウゴウゴルーガ』以来本当に久しぶりなのです。

 不条理ギャグ漫画のアニメ化は確かにありました。しかしながら漫画をそのままアニメにしただけの作品が多く、映像独特の手法をつかって不条理さを表している作品はかなり少ないのでは?と思うのです。

 僕がぱっと上げると『ウゴウゴルーガ』(僕が初めて映像で不条理系を味わった作品。個人的には始祖にして最高峰)『すごいよマサルさん』(ストーリー中に全然関係のないシーンを入れるとか副音声とか)『てーきゅー』(超高速セリフ)とかぐらいしか思い浮かばないのです。

 そのような中で久々の映像独特の手法で不条理系を表した作品として『ポプテピピック』を楽しませていただきました。

 

 

 

 

 

三ツ星カラーズ(途中で視聴終了)

 面白い作品でしたが、途中で満腹感を感じてしまい、視聴が続きませんでした。ここら辺の感覚が自分でも上手く説明できないのです。

 途中で視聴を終了した僕が言うのも偽善的ですが、多くの人に楽しまれて欲しい作品ではあります。

 

 

 

 

 

宇宙よりも遠い場所(一話で視聴終了)

 南極が舞台という事で、ペンギンが出てくるかもという期待で視聴。

 一話を見終わった時点でペンギンは出てきませんでしたが、面白そうだと視聴する気マンマンでした。

 が、トルネ君の設定が間違っていたらしく2話以降が録画されておらず、視聴を断念。残念。無念なり。

 

 

 

 

『りゅうおうのおしごと』(一話で視聴終了)

 原作を読んだことないのですが、ツイッターのタイムラインに将棋好きの人がよくお勧めしていたのを見ていたので気になっていた作品。

 一話の竜王になった主人公と押しかけ弟子の将棋のシーンで、引き込まれる感覚があり視聴を続けようかと思っていました。

 が、後半の姉弟子が出てきたあたりからの押しかけ弟子の様子とかをみていると「これって僕の性癖的には、甘くて美味しいかもしれないが食べてはいけない禁断の果実なのでは」という危険察知の感覚を強く感じてしまい視聴しないことに決めました。

 この判断が正しかったのか禁断の果実を選ぶべきだったのかは、視聴していない僕には判断できません。