KATCATの巣

ふしあわせという名の猫がいる-だから私はいつもひとりぼっちじゃない

2107年12月終了アニメ感想

 

 今更ですが、2017年12月に終了したアニメの感想です。ますます今更ですが、2017年9月に終わったものの見終えなくて、トルネ君が録画してくれたものを後から視聴した作品もあります。具体的には覚えていない部分も出てきており、まあ感覚的に記録しています。

 

 

 

 

プリンセス・プリンシパル(最後まで視聴)

 面白かったのですが「チェンジリング作戦」だとかその伏線だとか、そのようなものはほとんど気にすることなく、単話ごとのスパイアクションだとかスパイの悲哀だとかそのようなものを楽しむ視聴スタイルでした。

 なので製作者の意図からしたらいい加減な視聴だったのは理解していますが、楽しかったから個人的には良しなのです。

 

 

 

 

 

少女終末旅行(最後まで視聴)

 終末世界を静かに散策って、素敵ですよね。でもあまりこのような作品を思い出せないのですが。

 施川ユウキ先生の『オンノジ』とかもそのような雰囲気ありましたよね。移動手段が原付が限界な小学生とフラミンゴの中学生の二人組なので、行動範囲は限られていましたが。

 話がズレました。

 あとは二話目を撮り逃がしたのでニコニコ動画で見ていたのです。お魚がどこから来たのかの話題のお喋りを聞きながら、「街が積み重なっている世界だったのかな」などと思っていたら、コメント欄に「ケイオスヘキサ」の文字が!!!古橋秀之作品の読者はまだ残っていたんだと感動したものです。終末世界を静かに散策している感があると思いませんか?

 古橋秀之作品はまだ終わっていません。つい最近も『百万光年のちょっと先』が発売されましたのでよろしくなのです。

 また話がズレた。