読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KATCATの巣

ふしあわせという名の猫がいる-だから私はいつもひとりぼっちじゃない

2016年3月終了アニメ感想

アニメ感想

 

 2016年3月に終了したアニメの感想です。最後まで見た作品もあれば、途中で脱落してしまった作品もあります。

 

 『てーきゅう』は前回で書いていますので今回は省略します。

 

 

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』(全話視聴)

 大変面白かったです。

 

 少年兵の物語であると同時にヤクザモノでもあり、社会問題も考えさせられる意欲的な内容でした。

 

 内容だけでなく構成の面でも意欲的だと感じました。全てのガンダム作品を見ていないので断言は出来ませんが、戦闘シーンを少なく(まったく戦闘シーンの無い回もある)しただけでなく話の進みを遅くするかわりに、世界観や登場人物の掘り下げに力を入れているというか。

 ロボットアニメとしてはマイナスになりそうな構成なのに、それでも面白いのがすごいと思う。

 

 またキャラクターの造詣も、理解しやすいようにテンプレートに沿ってはいるけど、テンプレートをそのまま利用していない点も良かったです。

 分かりやすいのはクーデリアさんです。テンプレート的には世間知らずなお嬢様って立ち居地ですし、実際そのように捉えることもできます。

 がしかし実の父親が自分の暗殺に手を貸していると推測してそれを受け入れられる人物を、僕は世間知らずとは思えないのです。経験不足とは思えますが。

 

 主人公の三日月についても考えることをオルガにまかせていますが、それは思考停止の結果でもなく、効率は考えていますが楽をするためでもなく、自分で考えたうえで矜持をもって考えることをオルガにまかせているわけです。

 考えた上で考えることを任せる、なんか矛盾しているような文字列ですが、分かりやすいようにテンプレートを利用しているものの、レンプレートどおりの人物像ではないわけです。

 

 話の内容も、作品の構成も、キャラクターの造詣も、分かりやすいようで複雑、難しいようで分かりやすい。一筋縄ではいかないにもかかわらず、それでも素直に楽しめる、そのような作品でした。

 

 

 

 

『アクティヴレイド 機動強襲室第八係』(途中で視聴終了)

 真面目なパートとギャグ・コメディのパートの切り替えが上手くできなかったので、楽しむことができませんでした。

 作品が悪いというよりは、僕との相性が悪いと思います。つまり僕が悪い。

 

 

 

 

大家さんは思春期!』(途中で視聴終了)

 ニコニコ動画で視聴していたのですが、チエちゃんが可愛い以上の感想が出ずにストーリーの先が気にならないために一度視聴を忘れたらそのままずるずると視聴しない状況に。

 可愛いは正義かもしれませんが、僕の作品の嗜好的には可愛いだけでは視聴が続かないのです。困った。

 

 

 

 

魔法少女なんてもういいですから。』(最後まで視聴)

 ゆずかが可愛い。以上。

 『大家さんは思春期!』が途中で視聴終了でこの作品が最後まで見れた理由は、この作品はGyaO!で視聴していたのですが、更新日が大好きな『てーきゅう』と同じ日だったためです。

 

 

 

 

『Dimension W』(最後まで視聴)

 始まり方が『ジャイアントロボ~地球が停止する日』のシズマドライブみたいだなと気になってしまったので、視聴開始。最後まで楽しく視聴できました。

 

 

 

 

『この素晴らしい世界に祝福を!』(最後まで視聴)

 雑な「最近のラノベ」語りで扱われるラノベイメージの一つ、「MMORPG風異世界ファンタジーで俺ツエーな作品」を根底にパロディにした作品。

 主人公の能力平凡、仲間は高性能な面はあるが基本ポンコツとして、MMORPG風異世界ファンタジーでの俺ツエーしない作品。

 ですが、縛りプレイを眺めている感覚で楽しく視聴しました。

 

 作者はいろいろ工夫しているのに、それをテンブレだといって否定しているわけですから「個人の嗜好は抜きにしても、作者の工夫に気付かないのは貴方の力量不足では?」としかなりませんよね。