KATCATの巣

ふしあわせという名の猫がいる-だから私はいつもひとりぼっちじゃない

『艦これ』航泊日誌 その7

 

『木曽』

 2014年に艦娘について書いたときに、球磨型のなかで唯一ふれなかった娘。ちょっと可哀そうになってとりあえず使用開始。

 

 使い始めたときには何だか怖いというイメージしかなかったのです。

 

 しかし球磨型全員で見ると。姉達が熊、猫、色ボケ、超マイペースとどうしようもない属性なので「自分がしっかりしなければ」と思ってあの性格になったと考えると、…可愛いじゃないか。

 

 姉達と一緒の艦隊になってみると、どうしようもないはずの姉達が意外と優秀だと分かった後も、いまさらこの性格を直すわけにもいかないしなぁとか考えていると思うと、…可愛いじゃないか。

 

 実はときたま昔のように姉達に甘えてみたいと思ったりもするけど、今さら甘えることもできないよなぁとか考えていると思うと、…可愛いじゃないか。

 

 そのようなわけで、今ではお気に入りの艦娘の一人です。

 

 

 

『球磨』2回目

 うちの艦隊の球磨ちゃんは、球磨焼酎大好きなロシア人少女で意外とお姉ちゃんしているしっかりものです。

 

 なので大晦日の台詞「大掃除だクマ。球磨も頑張るクマ。でももう飽きたクマ。逃げるクマ」を聞いたときには、イメージが違うなぁと思いました。

 

 しかし木曽の大晦日の台詞を聞いて納得しました。そうか、球磨お姉ちゃんは木曽の応援に行きたかったんだね。なんだかんだで末っ子に甘いね。

 

 そして末っ子の応援に行きたくてそわそわしている姉を見て、怠ける気マンマンだった妹たちも

「多摩の手も借りたいって?しょうがないにゃあ」

「あ~、もうやっちゃいましょう」

「北上さんがいいって言うなら」

となんだかんだと手伝いを始めるわけですね。

 

手伝ってくれた妹たちに感謝しつつも「いつもこの半分でいいから真面目に手伝ってくれたら、お姉ちゃん助かるんだけどなぁ」と思ってしまう、球磨なのでしたぁ。

 

と、久しぶりに「今日のわんこ」風に締めます。