KATCATの巣

ふしあわせという名の猫がいる-だから私はいつもひとりぼっちじゃない

重野なおき『信長の忍び』9巻 感想

 

 越前の戦国大名朝倉義景織田信長と戦うも優柔不断な行動が仇となり朝倉家を滅亡させてしまい、そのような経歴なので愚将あつかいされている人物なのです。

 

 しかし、本当に愚将だったのかと疑問を感じていたのです。そのきっかけとなったのが「戦国ちょっといい話・悪い話まとめ」様のところで『義景相談・悪い話』という逸話を読んだときでした。

 

 この逸話自体は朝倉義景の優柔不断ぶりを語っています。

 しかしながら半数の兵しか率いることができない状況でも近江まで出陣したのは、何とかして浅井家を救おうと努力したとも読めます。

 また結局何もできずに撤退となりますが、浅井家との連絡が絶たれてから一日で撤退を決定しているのも実は素早い判断なのでは?とも読めます。

 何せ有能な織田家武将が撤退すると思ってなく、即座に追撃した信長本隊に出遅れたという逸話も残っているぐらいですから。

 

 このようなわけで、朝倉義景の愚将ぶりを示した逸話を読んで、逆に「あれ?とらえ方によっては決して愚将じゃなかったのでは?」と感じてしまったわけです。

 

 たしかに朝倉義景はチャンスをみすみす逃してしまう事が多々ありました。武田信玄から名指しで非難されてもいます。そのような事からたしかに名将ではないでしょう。

 しかし一向一揆に悩まされたり、豪雪で本国との連絡が絶たれやすい状況だったりと、朝倉義景にも事情があったわけです。

 

 それを踏まえると朝倉義景は「名将ではないが、かといって愚将でもない。優柔不断な面はあるがそれなりに有能な人物」だったのではと考えたわけです。それを踏まえて信長との戦いを描き直したら面白い物語になるのではと思ったわけです。

 

 しかし僕は小説家でも漫画家でもないので、面白い物語になるのではと夢想するだけでした。そして今回の『信長の忍び』9巻です。

 

 この漫画は「忍びからみた戦国ギャグ漫画」です。ギャグ漫画ですし当然のように朝倉義景は信長の引き立て役として優柔不断な愚将としておもしろおかしく描かれてきました。

 しかしながらこの巻では、織田信長との戦いを通して成長した有能な人物として描かれていたのです。

 僕が夢想していた「それなりに有能な」朝倉義景が、僕が夢想していたよりも魅力的に、それでいてギャグ漫画らしくコミカルに、だからこそいっそう哀愁を感じる、そのような人物として描かれていたのです。

 

 話はズレますが、よく歴史物語好きに対して「フィクションなのに史実に縛られる必要あるのか」「エンターテイメントなのに歴史にこだわる必要はあるのか」という声が聞こえてきます。

 

 たしかにフィクション・エンターテイメントなので史実に縛られすぎるのもつまらないです。しかしながら「歴史」物語なわけですから、歴史にこだわらない作品は面白くない…は、言いすぎですが「歴史」物語として発表する意義が薄いです。

 

 たとえば今回の朝倉義景にしても、史料や逸話から一般的に思われている「愚将」として描いてもいい、史料や逸話を自分なりに読み直して「それなりに有能な人物」として描いてもいい。

 史実や歴史に縛られはしなくてもこだわることで、さまざまな朝倉義景を描くことができるわけです。

 人物だけでなくさまざまな出来事を、史実や歴史にこだわった上で、さまざまな形で描くことができるわけです。

 史実や歴史に縛られること無く、それでいてこだわり自由に描く。それが歴史物語の面白さではないでしょうか?

 

 そのようなことが今回の『信長の忍び』9巻を読んで、朝倉義景という人物の描写を通して、強く感じたことです。

 

 そして最後に、「やはり歴史作品は面白い!」「僕の夢想していた有能な朝倉義景が描かれている『信長の忍び』9巻は歴史作品の面白さが詰まっている!」