読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KATCATの巣

ふしあわせという名の猫がいる-だから私はいつもひとりぼっちじゃない

仲谷鳰『やがて君になる』感想

 

 

 ※微妙にネタバレ要素があるかもですので、ご注意ください!

 

 

 漫画の感想の前に自分語りから入りますが、僕はどうやら人と比べて恋愛感情がとても薄いようなのです。

 

 恋愛感情が無いとまでは言い切れる自信はないです。しかし彼女が欲しいとか女の子とおしゃべりしたいとか願望の優先順位は限りなく低いのです。

 

 そのようなわけで僕は恋愛モノの作品を読んでも、正直なところほとんど楽しめないのです。

 

 そういえば美少女ゲームToHeart』をプレイしたときも、マルチ(ロボット)葵(格闘)琴音(超能力)と言った恋愛とは別のストーリがあるシナリオは楽しめましたが、あかりや委員長といった恋愛が中心のシナリオはほとんど楽しめませんでした。

 

 そのような僕がなぜか百合恋愛作品『やがて君になる』1巻を読んで面白いと感じてしまったのです。

 

 そのきっかけは単行本1巻が発売の記念に1話だけ無料公開という情報を手に入れて試し読みしてみたことですが、なぜ百合恋愛作品を試し読みしてみようと思ったのかは本当に謎です。

 

 しかし謎だろうがなんだろうが、1話を読んで楽しいと感じてしまったのは事実です。普段は読まない恋愛モノを偶然読んだら面白く感じたという、本当にまったくもう奇跡としか言いようがありません。

 

 しかしながらコミックスまで購入することは躊躇していました。すでに何度も書いているとおり恋愛モノに興味が無いだけではなく、百合モノにもあまり興味が無い人間なので、この先も楽しめるのかが大変不安なのです。

 

 ですが、奇跡としか言いようない偶然で素敵な第一話を楽しんだので、その奇跡を信じてコミックス第一巻を電子書籍で購入することにしたのです。

 

 そして大変面白く読みすすめることが出来ました。購入して満足できました。

 

 恋愛感情が薄く恋愛モノが楽しめない僕が楽しめた百合恋愛モノ『やがて君になる』がどのような作品かというと、「恋愛感情を抱くことができずに悩んでいる少女・侑が、同じく恋愛感情とは無縁だと思われた先輩・七海からアプローチを受ける」というものです。

 

 恋愛モノの登場人物なのに恋愛感情を抱くことが出来ない侑に感情移入できたのかな?そのような部分が心地よく感じて楽しめたのかな?と考えています。

 

 しかしそれと同時に、そこはかとない危うさを感じました。七海が侑にドキドキしたのは侑が「だれも特別に思えない」からですので、もし侑が七海を特別に感じ始めたらこの関係はどうなってしまうのでしょうか?

 

 おっと、ストップです。ちょっと分析的な見方をしてしまいました。

 

 どなたの発言だったか忘れましたが「自分は物語を分析しながら見る癖がある。だから分析というよりは感情が全面に出てくる恋愛モノはあまり楽しめない」と話されているかたがいました。

 

 僕が恋愛モノが楽しめないのは恋愛感情が薄いだけでなく、このように(へっぽこレベルとはいえ)いろいろ分析してしまう事にもあるかもしれません。

 

 せっかく面白く感じた恋愛モノに出会えたのです。分析癖はひかえて、今はその奇跡の余韻にひたっているのも悪くは無い思っています。

 

 たとえ物語そのものに危うさを感じたのだとしても。そして何よりもともと恋愛モノも百合モノもあまり興味のない僕がこの作品を楽しめなくまる可能性が高いのだとしても。

 

 せめていまだけは。