読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KATCATの巣

ふしあわせという名の猫がいる-だから私はいつもひとりぼっちじゃない

2014年9月終了アニメ感想

 

2014年9月に終了したアニメの感想です。最後まで見た作品もあれば、途中で脱落してしまった作品もあります。

 

あいまいみー~妄想カタストロフ~』(最後まで視聴予定)

前期が大好きだったので視聴。が、2期のはじめはあまり面白いと思えなかった。回を進めるにつれて面白くなってきました。

 

ここでふと気になったので、改めて2期のはじめを再視聴。するとたいへん面白いじゃないですか。

 

つまりだ。1期はカオスに慣れていない初心者たちにも理解しやすいように、入り口は普通にしてだんだんとカオス度を上げていったが、2期は初心者への考慮をせずに最初からカオス度を高い状態の作品だったって事です。

 

なのでカオスになれていない僕は2期のはじめはあまり面白いと思えず、カオスに慣れてきたら面白がることが出来た。高カオス度に慣れた体で2期最初をみたら、慣れていないころと違いたいへん楽しめたというわけです。

 

つまり僕は虚空戦士として未熟者であることを叩きつけられたってわけですよ。

 

 

 

『真 ストレンジ・プラス(最後まで視聴予定)

前期からなんかもう、いろいろ酷い。酷いけど嫌いになれない。そんなこんなで最後まで楽しんでしまいました。

 

 

 

『アルドノア・ゼロ』(途中で視聴停止)

敵のスーパーロボットを味方の量産機で倒すお話。コンセプトが気に入っていたはずが、いつの間にか観なくなっていました。

 

主人公のイナホが、冷静すぎ無表情すぎ。スーパーロボットの弱点を突くのが楽しい作品なのですが、あまりにも冷静すぎ無表情すぎて、まるでイナホのためにスーパーロボットに弱点があるように見えてしまうのが原因かと。

 

その点、表情がよく分かる敵陣営のほうの話が気になってしまう状態に。

 

ではどのような主人公だったら、最後まで楽しめたのかと考えたときに真っ先に『ジョジョの奇妙な冒険』2部のジョセフが出てきました。

 

つまりこれって、単に僕が今風のキャラ描写が受け入れられない老害なだけでは?

 

 

 

『ばらかもん』(最後まで視聴予定)

原作が好きなので視聴。

 

原作が好きといいつつ、単行本の購入が途中でストップしています。にもかかわらず「今購入したらアニメの影響と思われるかも。アニメ化前から読んでいたのに」と訳の分からないプライドが邪魔してなんだかどうしようもありません。

 

 

 

人生(途中で視聴停止)

原作自体は1巻しか読んでいませんが、原作者の別作品が好きだったので視聴。

 

「…あれっ?」となりました。なんか違うと思うのですが、何が違うのかよく分からない。

 

文章での面白さのツボと、映像での面白さのツボって、違うのかなぁ?

 

 

 

『さばげぶっ!』(最後まで視聴)

いろいろ酷い作品。しかしまあ、根からの悪人はいないよね。奇人だったり、下衆だったり、変態だった、冷酷だったりするだけで。だからこそ、安心して笑っていられたのだと思います。

 

根からの悪人ではないけど、下衆。もし続編があるならこの一つ間違えたら不快になりかねない微妙なさじ加減を忘れないでほしいです。

 

原作を買うのが恥ずかしいので電子書籍版を検討しています。これこそがサバイバルだ!

 

それはともかく「おつかれず」

 

 

 

『月刊少女 野崎くん』(最後まで視聴)

恋愛モノは苦手なのでラブコメだから観ないつもりでしたが、なぜか視聴。

 

結果、楽しんでみることが出来ました。本当になぜ視聴しようと思ったのか分かりませんが、そのとき視聴した僕を誉めてあげたい。

 

たしかにラブコメ要素は結構強いものの、野崎くんの鈍感ぶりがラブコメの波動を感じさせなくて素晴らしいです。

 

ただ、演劇部部長の暴力は引いた。ギャグシーンと分かっていても、それでも引いた。

 

 

 

『Re:ハマトラ』(最後まで視聴)

前期から「いまいちだなぁ。でもまあ僕好みな要素はたくさんあるからそのうち面白くなるだろう」と思いながら視聴していたら、2期もいつのまにか終盤へ。

 

あいかわらず僕好みの要素はたくさんあるのに、いまいちです。

 

あと、何か足りないと思っていたら、2期はコネコのシッポ、映っていなかったよね。

 

 

 

『フランチェスカ』と『ヤマノススメ・セカンドシーズン』は、そのまま続くみたいなので、視聴もそのまま続けます。そのときどきの感想は、ツイッタでも呟いたりしています。