読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KATCATの巣

ふしあわせという名の猫がいる-だから私はいつもひとりぼっちじゃない

2014年6月終了アニメ感想

アニメ感想

2014年6月に終了したアニメの感想です。最後まで見た作品もあれば、途中で脱落してしまった作品もあります。

 

ぷちます!! プチプチ・アイドルマスター (第2期)』

アイドルマスター』をプレイしたことがありませんし、登場人物の特性もわかりません。ので、意味がよく分からない状態で見始めて、正直今でも意味がわかっていません。

 

そのような状態ですが、ニコニコ動画では月曜日から金曜日まで更新していたため、プチがカワイイという理由で毎朝の出勤前の栄養ドリンク代わりに見ていました。

 

とりあえず双子は悪戯好きで、プチにはグレムリンがいることだけは理解できました。

 

あと、ローソンに行ったときに、『アイマス』のキャンペーンがおこなわれていたのですが、最初は『アイマス』だと気付かずに「どこかで見たことあるキャラクターだけど、なんだっけ?」となりました。

 

ローソンを出た後に「あぁ、グレムリンさんを擬人化したキャラクターだ」と気付きました。

 

今までは『アイマス』のキャラクターに興味もなかったのに遅れながらも気付くなんて、僕はいろいろ成長しているんだなぁと自分で自分を誉めてあげたい気分になりました。

 

さらにその後、「グレムリンさんを擬人化したわけではなく、あのキャラクターをプチ化したのがグレムリンさんだ。逆だ、逆」と気付きました。自分で自分を誉めるのは中止しました。

 

 

『犬神さんと猫山さん』

犬耳ではなく犬尻尾を頭に付けることで犬を表現するなんて、擬獣化の新境地を切り開いたアニメ。(普通は犬尻尾ではなく、ポニーテールと言います)

 

原作が『姫のためなら死ねる』の作者さんだということは、この文章を書くためにいろいろ調べているときになってようやく気づきました。

 

 

『ノーゲーム・ノーライフ』(途中で視聴中止)

自分語りから。

 

昔、セガサターンのシュミレーションゲームで、ユニットの基本性能は自軍が有利だったので最初から攻勢をかけたら、敗北してしまったことがありまして。

 

「なんでかしらん?」と今度は慎重に状況確認を行ったら、熟練度が自軍は最低で敵軍が最高な状態だったために、基本性能がそのまま戦力に反映されていない状況だったのです。

 

そのようなことを経験していたので、チェス話の「基本ルールはチェス。ただし士気の要素を取り入れて、相手の士気は最高だが自軍の士気は最低」という設定を聞いたときにはかなり期待しました。

 

ゲーム観戦を期待していただけに、最後のもはやルールも何も無くゲームでない状況には落胆しました。

 

とりあえずゲームはルールがあるからこそ面白いんだなぁということが再確認できました。

 

 

メカクシティアクターズ(途中で視聴中止)

3話までの「能力者たちが集まって、時には起こった事件を解決しつつの、それなりの日常を過ごす様子を描いた」みたいな雰囲気は嫌いでは無かったです。

 

しかし本編(?)がまったく進まなくて一体どのような作品なのかも理解できていない状況なのに、別の登場人物の話だとか過去の話だとかされても「・・・それで?」としかなりません。

 

いろいろ確認したら、どうやら元は楽曲だったようです。音楽を利用して素敵な世界を構成することには成功していたのでしょう。

 

しかし楽曲からのアニメ化はあまり無いのでどのようなことに気をつけたらいいのかという経験値がなかったために、アニメという物語に変換することには失敗したということかと思います。

 

原曲に触れていない人間がどうのこうの言っても説得力が無いとは思いますが、同時にもうちょっと工夫したらとても楽しめるアニメ作品になっていたのでは?とも感じてしまうのです。

 

なんかもう、いろいろともったいないと思う。

 

 

シドニアの騎士(途中で視聴中止)

楽しく観ていました。

 

ツイッタで

録画していたアニメ『シドニアの騎士』を見ているのですが、登場人物が光合成しているという設定を聞いて直ぐに「どうしてこの人たちの髪は緑色じゃないんだろう」と思ってしまった僕は、20年以上前に読んだ新井素子作品がまだ体から抜けきれていないのが知れてちょっと嬉しい。

なんてことも呟いていました。

 

しかし、恋愛要素が強くなるにつれて、そのような要素が苦手な僕は見なくなってしまいました。残念無念。

 

恋愛要素は普遍的な要素であることはたしかですので、いろいろな作品に注入されています。しかし恋愛要素が苦手な僕はそれが原因で視聴できる作品の幅が狭められている状況なのです。