KATCATの巣

ふしあわせという名の猫がいる-だから私はいつもひとりぼっちじゃない

艦これ

『艦これ』航泊日誌 その8

『皐月』3回目 祝・皐月さんが改二になりました。改二が実装されたときには、主力のはずなのにレベルが足りませんでした。 今の今まで、軽巡と駆逐艦が活躍できるキス島を発見して以来、そこでアニマルズや皐月型の活躍を見ては満足してプレイを終わるスロ…

『艦これ』航泊日誌 その7

『木曽』 2014年に艦娘について書いたときに、球磨型のなかで唯一ふれなかった娘。ちょっと可哀そうになってとりあえず使用開始。 使い始めたときには何だか怖いというイメージしかなかったのです。 しかし球磨型全員で見ると。姉達が熊、猫、色ボケ、超…

『艦これ』航泊日誌 その6

久しぶりに『艦これ』お気に入りの艦娘について書いていきます。前回の更新が2014年10月ですから、1年以上たっているわけですね。 それまでの間に前回5回までの間で書いたにもかかわらず使わなくなってしまった艦娘もいれば、新しくお気に入りになっ…

『艦これ』航泊日誌 その5

前にも書きましたが、僕の中では提督は女性という認識なんです。 なので僕が好きな艦娘と提督が好きな艦娘が違うというカオスな状況になっています。 あと、大井川鉄道の漢字が違うのはゴメンなさい。だって変換が面倒くさいんだモノ。 『北上』 僕(プレイ…

『艦これ』航泊日誌 その4

『瑞鳳』 突然ですが僕は小さな機械を男の子だと認識する癖が付いています。そのためにお掃除ロボットのルンバは「ルンバ君」と呼ぶし、PS3と一緒に大活躍のtorneは「トルネ君」と呼んでいます。 その流れから艦載機の人たちは当然のように男の子だと認識…

『艦これ』航泊日誌 その3

『多摩』 初登場時の「猫じゃないニャー」を聞いたときに、「どこのメロディ・シンクレアさんですか?」と思ってしまったのは、僕だけではないと信じたい! 『エターナルメロディ』や『悠久幻想曲』は僕の血に溶け込んで、まだ抜けきってはいないようです。 …

『艦これ』航泊日誌 その2

僕は『艦これ』をゲーム本体を少しずつ触っている状態で、公式設定やら二次創作上のお約束とかをほとんど把握していない状態なんですよ。 前回も書きましたが、「赤城さん=大食漢」ということすら把握していなかったわけです。 そのようなわけで、公式設定…

『艦これ』航泊日誌 その1

『赤城』 この娘が来た当初は出撃すると必ず被弾してしまい、ドッグに篭ってしまう状態でした。さらにこの時期の艦隊は駆逐艦・軽巡がメインだったために、この娘がドッグに篭っている時間はほかの娘達と比べて段違いに長い状況でした。 そのためについたあ…