KATCATの巣

ふしあわせという名の猫がいる-だから私はいつもひとりぼっちじゃない

2017年3月終了アニメ感想

2017年3月に終了したアニメの感想です。

 

 1月に忙しい事情がありまして、トルネ君に録画したまま視聴できていないという状況です。

 『鉄血のオルフェンズ2期』『このすば2期』『メイドラゴン』『幼女戦記』『エヴァンゲリオン』は、録画はしているので視聴予定です。

 『信長の忍び』はほぼ視聴していますがこのまま2期が始まるので、感想はまとめて書こうかと考えています。

 

 

 

あいまいみー 第3期』(最後まで視聴)

 おかしい、最初の最初から最後まで楽しめてしまった。僕は虚空戦士ではないので、このような意味不明劇場は合わないはずなのに。

 何てことを思ったりもしますが、だったら1期2期をみてどのような内容なのか判っているのだからわざわざ3期を見るなよとかそんな感じ。

 まてよ。僕はこのアニメの内容を判っているのか?判っていない気がしてきたぞ。

 まあいいか。ステキかどうかは判りませんが(おそらくステキではない)、大変楽しめました。

 

 

 

 

亜人(デミ)ちゃんは語りたい』(途中まで視聴)

 原作は2話ぐらいは読んでいて、アニメ化すると聞いて楽しみにしていた作品。

 

 亜人たちが暮らす街での異文化交流みたいな部分は大変楽しめました。ですが僕は恋愛作品が楽しめない人間でして、恋愛要素が強い部分で脱落してしまいました。

 悪いのはこの作品ではなくて、僕との相性。なので悪いのは僕。

 

 

 

 

 

にゃんこデイズ(途中まで視聴)

 猫たちを目的で視聴。

 途中で物語の中心は猫ではなくて飼い主の人間であることに気づき、視聴意欲が減少してしまいました。人間中心でも『ねこぐるい美奈子さん』ぐらいだったら。

 強度のネコ好きキャラが出てくるたびに、美奈子さんと比べるのはやめろという突っ込みはセルフで行います。

 

 

 

 

 

けものフレンズ(第1話で視聴停止)

 僕のツイッターTLだと、一話で「面白いとは言い難いが、化ける気がする」と触れて今大喜びフレンズが少なくても一人。一話時点では語らなくても初期のほうから「凄い、化けた」と大喜びフレンズが少なくても二人と、本当に楽しそうで嬉しそうで僕もニコニコと眺めていました。

 ですが「見ていない」と言いながらフレンズ言い出したり、今まで触れていないのにけものフレンズネタをRTし始めるフレンズが出始めて、個人的には「ウザい」と思いました。てことは世間的にも「ウザい」と思いながらも黙っている人が多いのかもしれません。

 ですが、『けものフレンズ』は悪くないしむしろ正義、楽しんでいるフレンズは悪くないしむしろ正義ですので、これからも『けものフレンズ』をにぎわせてください。

 

 ちなみに僕は一話を見て「気になるところは多々あるけど、時間がこんなに長く感じたのは初めてだ。拷問みたいだ」と離脱したフレンズです。

 一話で視聴停止フレンズってフレンズの意味知っている?とか、視聴していないのに『けものフレンズ』について語る便乗野郎はお前だろとかセリフ突っ込みしつつ、「ケモミミが出てくると聞いて僕がチェックしないはずがないだろうが」と理屈になっていない逆切れするフレンズでもあります。

 僕が一番たちが悪い気がしてきた。

 

 てなわけで、この作品について語れる立場ではないのはないのは理解しつつ、ツイッターTLによく出てきたのでどうしても反応してしまったケースもあります。

 

 まず一つは「オタクは動物園に来るな」という話に対して。

 動物園大好き人間である僕としては資金に苦労している動物園が多いことを知っているので、どんどん行ってほしいと思っていました。

 しかしこの話題が広まるにつれて「動物園の動物のストレスが気にしなくていい」という論調も出てきて、「そりゃあ、こんな人がいたらオタクは来るなと暴論を言わざるをえないよなぁ」という気分にもなりました。

 

 そのような中で書いたのが、このブログで公開した『動物園へ行きたいフレンズたちへ ~ 動物園でのマナー、動物園を楽しむコツ』です。動物たちにも、動物に会いたいフレンズたちにも、お互いたのしー動物園になることを祈ります。

 

 そして『けものフレンズ』にペンギンさんズが出てきたことです。TLで画像を見ただけで、すぐにペンギンさんズだと理解できました。神がかりなデザインです。

 しかしペンギンの種類当てを試みて、イワトビ、フンボルトアデリー、キガシラ、コウテイと回答。ネットを使って確認したところ答え合わせしたところ、イワトビ、フンボ、ジェンツー、ロイヤル、コウテイでした。

 正解率3/5か。僕のペンギンレベルもまだまだだな。

 

 ちなみにロイヤルをキガシラと回答したのは、「頭が白くて眉毛バーンなペンギン?白というより金色だけどキガシラかな?」と判断。考えすぎでした。

 ジェンツーをアデリーと回答したのは「黒基調で平均的ならアデリーだろ。クールミントガムのペンギンでもあるし」と自信満々だったのですが、外れ。ジェンツー要素が本当にわからなかったのですが、もしかしてヘッドホンが白いこと?よく考えられているなぁ。

 といった感じでアニメを見ていないのに、楽しませていただきました。

 

 ですが、あとから面白くなるという情報なしであの第1話を見てこれが流行すると予測できる人がいたら、この人は神かただの狂人だと思う。

 

 僕は第1話で受けた傷の後遺症がまだ残っていて観ることが出来ずにいます。

 

 

 

 

 

 

動物園へ行きたいフレンズたちへ ~ 動物園でのマナー、動物園を楽しむコツ

 

初めに 

 

けものフレンズ』が流行し、動物園へ行きたいフレンズが増えたと聞きました。しかしそれと同時に、オタクは動物園に来るなという話も出てきました。

 

 動物園大好き人間である僕としては資金に苦労している動物園が多いことを知っているので、どんどん行ってほしいと思うのです。ただその際は動物園でのマナーを理解して守ってほしいなと思いました。

 

 しかしいきなりマナーを守れといわれても、説明してもらえなければ守ることができません。そこで力不足ながら僕が説明しようかと思ったわけです。

 

 ちなみに僕はまだ話題になる前に一話を見て「気になるところは多々あるけど、時間がこんなに長く感じたのは初めてだ。辛い」と離脱したフレンズです。

 視聴していないのに『けものフレンズ』について語る便乗野郎が!フレンズの意味知っている?とかセルフ突っ込みしつつ、「ケモミミが出てくると聞いて僕がチェックしないはずがないだろうが」と理屈になっていない逆切れするフレンズでもあります。

 

 そのようなノケモノなフレンズの僕の説明でよければ、読んでみてください。

 

動物園でのマナー

 

それでは動物園のマナーで一番大切なことは「動物に過度の刺激を与えない」ことで、具体的には

1)餌を含めて物を投げ込まない

2)ガラスをたたいたり檻を揺らしたりしない

3)写真を撮るときにフラッシュを焚かない

4)自撮り棒を動物に近づけない

あたりになると思います。

 

 そのようなマナーがある理由は、動物にとって危険な行為だからです。動物は本来は天敵がいたりと危険と隣り合わせな環境で生活していたためにとても敏感でストレスで病気になったり、あるいは何が危険かわからずに自然界にはない食べ物でも平気で食べてしまうからです。

 そして人間にとって危険な行為だからです。相手は言葉の通じない動物です。場合によっては爪や牙やくちばしや毒を持っている猛獣です。ですので何かがあってからでは遅いのです。

 ですのでぜひともマナーを守ってください。

 

 上にあげたマナーは、動物園に通いなれていない人が気付かずについやってしまうマナー違反でもあります。まずはこれらのことに気をつけてもらい、そしてほかにもマナーはありますが「動物に過度な刺激を与えない」を心がけてもらえたら大きな問題にはならないと思います。

 

 動物たちにも、動物に会いたいフレンズたちにも、お互いたのしー動物園になることを祈ります。

 

動物園を楽しむコツ

 

 では次に動物園を楽しむコツを。

 

 そのコツとは「動物たちに期待しない」事です。動物を見るために動物園に行くのに、動物たちに期待するなとは?と思われるかもしれません。

 

 そこで僕の大好きな飴屋法水『キミは動物と暮らせるか?』という本の一文を紹介します。

基本的に動物は芸なんてしない。する必要もない。飼っていたからといってメリットなんか一つもない。基本的に、食ってクソして寝るだけだ。ただただ、生きているだけである。ただただ生きている、ということに愛情を持てるかどうか。その動物を飼って楽しいかどうかはそれだけで決まる。

 この本は珍獣と暮らしたい人向けの本なので「飼う」となっていますが、動物園に行きたい人向けには「見る」に置き換えてもらえばいいと思うのです。

 

 あいつらは基本は獣なので、人間の都合なんか気にしません。「せっかくお金を払ったのに」なんて言っても聞く耳を持ちません。なのでただただ生きているのをみて「すごーい!」って思える心情でいることが、動物園を楽しむコツです。

 

 とは言っても、これで終わったらちょっと投げっぱなしな気もするので、補足のコツを。

 

 まず一つは、時間を変えてみるという事です。

 パンダをみた僕の母は「眠ってばかりで動かずに退屈だ」とよく言います。ですが僕は餌の時間を確認し、その時間を狙ってパンダを見たのでもしゃもしゃとかわいらしく食事をしているパンダやコアラを見ることができました。

 また夏は暑いので昼間は動物たちもバテて隅の木陰で昼寝をして見にくい上に動かないのです。ひどい場合には陰に隠れてまったく見えないこともあります。そこで夕方に来たりあるいはいっそのこと秋に再訪して楽しむのも手です。

 

 そして情報収集です。

 先ほど書きましたが、僕はパンダのえさの時間を確認したために、動いているパンダを楽しむことができました。また動物園によっては時間ごとにイベントを行ったり、飼育員さんの動物説明が聞けたりします。

 そのような情報はインターネットで公開している場合も多いですし、動物園入り口のインフォメーション等で確認できたりもします。

 

 そのようなわけで時間や情報を武器に、「動物たちに期待しない」を心がけていくことが、動物園を楽しむコツだと思います。

 

 それでは、動物園に行きたいフレンズたちが、より動物園を楽しむことを祈ります。

 

ここからは愚痴なので読まなくていいです

続きを読む

2016年12月終了アニメ感想

 

2016年6月に終了したアニメの感想です。

 

2017年1月に忙しい事情がありまして、トルネ君に録画したまま視聴できていないというパターンが発生しています。

 

 

 

『終末のイゼッタ』(途中まで視聴)

大国に侵略されつつある小国が、魔女の力で対抗することになるお話。

 

姫様と魔女の関係がいいですね。「姫様は私の希望になってくれますか?」

魔女の力に制限があるところも楽しかったです。

 

ですが、1月頭の忙しい時期に間違ってトルネ君の録画を消してしまったみたいで、視聴中断。

 

機会があれば続きを見たいです。

 

 

 

 

SHOW BY ROCK!!# 第2期』(最後まで視聴)

ケモミミ生えた人たちが、SD化して音楽してバトルするアニメ。

いろいろと雑さを感じるのですが、いいのです。1期としょーとで気に入ったら負けなのです。

なんだかんだとキャラクターがワイワイしているのをみて楽しかったです。

お気に入りのキャラは達磨さんです。中身の徳の高い猫はともかく、達磨さんが素敵です。

あとSD状態のモアがとてもかわいいと思います。羊を触ったことがありますか?猫とかが「もふもふ」なら、羊は「もこもこ」です。SD状態のモアを触ったら「もこもこ」なんだろうなぁと思うと癒されます。人間化しているモアはあまり興味ありません。

スマホのゲームもプレイしているのですが、音感やリズム感がない人間なので正直辛いです。

あと一番レア度の高いURが、SDキャラではなくて人間キャラなのが不満。SDキャラのライブシーンがお気に入りで1期アニメにハマった人間なもので。

 

まだまだ書けるがこれ以上長くなってもアレなので終わる。

 

 

 

 

 

てーきゅう 第8期』(最後まで視聴)

セリフが早くて聞き取るのが困難なアニメ。

これだけ聞いたらダメアニメに思えますが、極端は弱点であるが極めたら長所になることを証明したアニメ。

 

尊くはないけど神。

 

 

 

 

魔法少女なんてもういいですから。セカンドシーズン』(最後まで視聴)

忙しかったりして見れなかったアニメが多い中、なぜか最後まで見た。ショートアニメは見やすい。

ゆずかが可愛ければそれでいいのですが、不満が一つ。

ゆずかの変身シーン。ゆずかが楽しそうなのですが、ゆずかはそのようなキャラではないと思うのですが。

 

 

 

 

バーナード嬢曰く。』(最後まで視聴)

十分に面白いし、原作の雰囲気も感じることが出来ます。が、今期は『信長の忍び』の原作感が凄すぎて、「なーーーーーんか、違うんだよなぁーーーー」と思いながら見ていた。

いつもなら「アニメと漫画、表現方法が違うから、この程度の違和感は許容範囲。逆にアニメ独自の雰囲気を楽しむべきだろう」とか考えると思うのです。十二分に良い出来でした。が、それでも比べるアニメが凄すぎてどうしても不満を感じてしまうことに。

 

不満を感じ足をバタバタさせながらも、実は楽しく視聴できました。

 

 

 

競女!!!!!!!!』(途中1回だけ視聴)

何故か途中1回だけみた。よく分からないが、尻をぶつけ合う謎のスポーツを題材にしたアニメらしい。僕が見た時には特訓として尻で株を抜いていた。

自分でも何を書いているか分からなくなってきたが、おそらくそのような作品なのだろう。

何はともあれ、「人間の発想力には、まだまだ限界が見えないなぁ。これからも様々な作品が楽しめそうだなぁ」と未来への希望を感じることができました。

この作品は発想力が凄すぎて、その1回しか視聴していませんが。

 

 

 

 

 

1月頭が忙しくて、実は新規アニメは準備があまり間に合っていないのです。

 

視聴途中の『信長の忍』、トルネ君が録画してくれているがまだ視聴していない『鉄血のオルフェンズ』は続けて(?)視聴予定。

 

あとは『あいまいみー 第3期』は何とか見れています。

幼女戦記』は原作は読んでいないが気になっていた作品。『メイドラゴン』『亜人ちゃん』は原作の熱心な読者ではないが、ちょくちょく読んでいたので気にはなっているのですが、どうなることやら。

 

 

 

2016年9月終了アニメ感想

 

2016年6月に終了したアニメの感想です。

 

 

 

『モブサイコ100』(最後まで視聴)

 原作が好きなので視聴。原作(というかONEさんの)独特の間やテンポをアニメとして上手に表現できていたと思いました。

 

 

 

 

SHOW BY ROCK!! しょ~と!!』(最後まで視聴)

 1期が大好きだったので、視聴。ダル太夫さんが本当に「激動たるカワラザキ」で素晴らしいです。・・・・・あれ?激動たるカワラザキさんは、元ネタの『マーズ』ではウラヌス(達磨)の操縦者でしたが、『ジャイアントロボ』では別にウラヌスの操縦者ではないんでしたっけ??

 

 

 

 

『タイムトラベル少女

  ~マリ・ワカと8人の科学者たち~』(途中で視聴停止)

 ツイッターのTLで話題になっているので視聴。確かに面白かったのですが、途中で視聴を見逃してしまい、そこから視聴が停止してしまいました。

 僕のような科学に無知な人間に、科学の面白さを伝える素敵な作品だと思います。

 

 

 

 

歴史の楽しみ方の2パターン

 突然ですが、僕は歴史が大好きです。高校の歴史の成績はよくなかったですが、それでも歴史小説は楽しんでいました。

 

 今もっともホットな歴史作品は、やはりNHK大河ドラマ真田丸』ですよね。先週の「犬伏」は大変素晴らしい出来でした。

 とうとう陣営が分かれてしまった真田一族、来週からはどうなるのでしょうか。歴史好きなので今後の流れはわかるのですが、それでも楽しみです。

 

 それ以外にも小説なら『のぼうの城』で有名な和田竜先生の作品、漫画なら『風雲児たち』や『へうげもの』など、映画では『超高速参勤交代』の続編が出て、城郭研究家の西股総生先生が『TEAMナワバリング』を結成しイベントやグッズ販売を行うなど歴史好きとしてドキドキがとまらない状況が続いています。

 

 数年前から「歴女」とかいう言葉も出てきましたし、最近では刀剣好きの女性も増えているようで、歴史好きな人たちが増えているようで嬉しい限りです。

 

 

 

 

 ですが、歴史好きとしてそのような人たちの言動を見ていると、妙に息苦しく感じることあるのです。

 

 たとえば先ほど挙げた「歴女」ですが、この人たちを浅いとかミーハーと馬鹿にするような人たちがいたり、ゲーム『戦国無双』『戦国BASARA』のファンを嘲笑する人がいたり。

 または、時代考察の人を「史実と違う。ちゃんと仕事しろ」と攻め立てる人がいたり。

 

 歴史は楽しいのですが、このような他人を馬鹿にしたり攻撃したりする雰囲気が歴史好きのあいだで感じられるために息苦しく感じるです。

 

 

 

 

 なぜそのような雰囲気になってしまうのか。大雑把に「歴史好き」とまとめていますが、歴史の楽しみ方は大きく分けて2通りあります。2通りあるのに一つにまとまっているために、その違いが可視化されずにお互いが理解できずに息苦しい雰囲気になるのではないかと考えました。

 

 なので、「歴史好き」にも2通りの楽しみ方、「歴史学好き」と「歴史物語好き」があることが広まり、お互いにその楽しみ方を尊重することが出来たら、歴史好きの雰囲気がより楽しいものになるのではと思ったのです。

 

 

 

 

 「歴史学好き」とは、学問としての歴史の楽しみ方が好きな人たちです。

 

 学問としての歴史の楽しみ方とは、例えば有名な「鉄砲三段打ち」、これが本当にあったのかどうかが気になって調べたり。

 あるいは「本能寺の変」、なぜ明智光秀が謀反を起こしたのか今でも謎ですが、その謎を解くべく史料を精査したりとか。

 

 このように歴史の事実を確認したり、謎を調査したり、このような楽しみ方のことです。

 

 念のために追加説明いたしますと、中高等での「年表を覚える歴史」は学問としての歴史とはちょっと違います。「歴史学=暗記」と勘違いしている人も大勢いますが、それは学問としての歴史を楽しむための前段階です。

 事実確認をしたり謎を調査するためには、今現在の事実と言われていることをきちんと理解することが前提条件ですのでそのためにはどうしても暗記が必要になってしまいます。

 学問としての歴史の楽しみ方は暗記することではなくて、暗記した後の楽しみなのです。

 

 学問としての歴史を楽しむために優先されることは、なんだかんだいっても学問ですので、やはり「事実」になると考えます。

 

 

 

 

 「歴史物語好き」とは、もうそのまま物語としての歴史を楽しむことです。そのまますぎて説明になっていませんが、そのままなので説明できない。困った。

 

 歴史上の人物の波乱万丈な人生を楽しんだり、今ではない過去のエキゾチックな時代に酔ったり、時代の流れに翻弄されつつも懸命に生きた人々の群集劇を味わったり。

 このように歴史の中に現れるさまざまな物語を味わう楽しみ方のことです。

 

 物語としての歴史を楽しみむために優先されることは、基本的には物語=エンターテイメントですので、「面白さ」になってきます。

 

 いままで書いてきたことを比較表にすると大体こんな感じになるのではないでしょうか。

 

f:id:katcat:20160910102739j:plain

 

 

 

 「正確さ」と「面白さ」。同じ歴史好きという範疇でも、「歴史学好き」と「歴史物語好き」のあいだで優先されることが全然違います。

 

 それにもかかわらず、「歴史好き」としてひとまとめにされた為に、お互いにお互いの違いを理解できずに、嘲笑や攻撃といった息苦しい状況が生まれるのではと考えたのです。

 

 そしてすくなくても歴史には二通りの楽しみ方があることを理解して、お互いの楽しみ方を尊重しあえば「歴史好き」の空間はより楽しくなり、そしてお互いに利益があるのではと思ったのです。

 

 たとえば「歴史学好き」から「歴史物語好き」へは、新しい歴史的事実という歴史物語への新しい題材が提要されます。そうしたら新しい歴史作品が生まれ、より楽しむことが出来ます。

 

 たとえば「歴史物語好き」から「歴史学好き」へは、山本勘助の史料の例にあるようにエンターテイメントとしての歴史物語から多くの人が興味を持つことにより新しい資料の発見につながることもありますし、史跡の保存などにも力になると聞いています。

 

 

f:id:katcat:20160910104729p:plain

 

 

 このようにいままでひとまとめにされていたためにきちんと見えなかったお互いの立ち位置が、お互いに理解してそれぞれ尊重し、お互いに協力し合える関係になれたらいいなと思い、前から感じていた「歴史好きと言っても、大きく分けて2通りの考え方が違う人たちが混じっている」という考えを文章化してみました。