読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

KATCATの巣

ふしあわせという名の猫がいる-だから私はいつもひとりぼっちじゃない

歴史の楽しみ方の2パターン

 突然ですが、僕は歴史が大好きです。高校の歴史の成績はよくなかったですが、それでも歴史小説は楽しんでいました。

 

 今もっともホットな歴史作品は、やはりNHK大河ドラマ真田丸』ですよね。先週の「犬伏」は大変素晴らしい出来でした。

 とうとう陣営が分かれてしまった真田一族、来週からはどうなるのでしょうか。歴史好きなので今後の流れはわかるのですが、それでも楽しみです。

 

 それ以外にも小説なら『のぼうの城』で有名な和田竜先生の作品、漫画なら『風雲児たち』や『へうげもの』など、映画では『超高速参勤交代』の続編が出て、城郭研究家の西股総生先生が『TEAMナワバリング』を結成しイベントやグッズ販売を行うなど歴史好きとしてドキドキがとまらない状況が続いています。

 

 数年前から「歴女」とかいう言葉も出てきましたし、最近では刀剣好きの女性も増えているようで、歴史好きな人たちが増えているようで嬉しい限りです。

 

 

 

 

 ですが、歴史好きとしてそのような人たちの言動を見ていると、妙に息苦しく感じることあるのです。

 

 たとえば先ほど挙げた「歴女」ですが、この人たちを浅いとかミーハーと馬鹿にするような人たちがいたり、ゲーム『戦国無双』『戦国BASARA』のファンを嘲笑する人がいたり。

 または、時代考察の人を「史実と違う。ちゃんと仕事しろ」と攻め立てる人がいたり。

 

 歴史は楽しいのですが、このような他人を馬鹿にしたり攻撃したりする雰囲気が歴史好きのあいだで感じられるために息苦しく感じるです。

 

 

 

 

 なぜそのような雰囲気になってしまうのか。大雑把に「歴史好き」とまとめていますが、歴史の楽しみ方は大きく分けて2通りあります。2通りあるのに一つにまとまっているために、その違いが可視化されずにお互いが理解できずに息苦しい雰囲気になるのではないかと考えました。

 

 なので、「歴史好き」にも2通りの楽しみ方、「歴史学好き」と「歴史物語好き」があることが広まり、お互いにその楽しみ方を尊重することが出来たら、歴史好きの雰囲気がより楽しいものになるのではと思ったのです。

 

 

 

 

 「歴史学好き」とは、学問としての歴史の楽しみ方が好きな人たちです。

 

 学問としての歴史の楽しみ方とは、例えば有名な「鉄砲三段打ち」、これが本当にあったのかどうかが気になって調べたり。

 あるいは「本能寺の変」、なぜ明智光秀が謀反を起こしたのか今でも謎ですが、その謎を解くべく史料を精査したりとか。

 

 このように歴史の事実を確認したり、謎を調査したり、このような楽しみ方のことです。

 

 念のために追加説明いたしますと、中高等での「年表を覚える歴史」は学問としての歴史とはちょっと違います。「歴史学=暗記」と勘違いしている人も大勢いますが、それは学問としての歴史を楽しむための前段階です。

 事実確認をしたり謎を調査するためには、今現在の事実と言われていることをきちんと理解することが前提条件ですのでそのためにはどうしても暗記が必要になってしまいます。

 学問としての歴史の楽しみ方は暗記することではなくて、暗記した後の楽しみなのです。

 

 学問としての歴史を楽しむために優先されることは、なんだかんだいっても学問ですので、やはり「事実」になると考えます。

 

 

 

 

 「歴史物語好き」とは、もうそのまま物語としての歴史を楽しむことです。そのまますぎて説明になっていませんが、そのままなので説明できない。困った。

 

 歴史上の人物の波乱万丈な人生を楽しんだり、今ではない過去のエキゾチックな時代に酔ったり、時代の流れに翻弄されつつも懸命に生きた人々の群集劇を味わったり。

 このように歴史の中に現れるさまざまな物語を味わう楽しみ方のことです。

 

 物語としての歴史を楽しみむために優先されることは、基本的には物語=エンターテイメントですので、「面白さ」になってきます。

 

 いままで書いてきたことを比較表にすると大体こんな感じになるのではないでしょうか。

 

f:id:katcat:20160910102739j:plain

 

 

 

 「正確さ」と「面白さ」。同じ歴史好きという範疇でも、「歴史学好き」と「歴史物語好き」のあいだで優先されることが全然違います。

 

 それにもかかわらず、「歴史好き」としてひとまとめにされた為に、お互いにお互いの違いを理解できずに、嘲笑や攻撃といった息苦しい状況が生まれるのではと考えたのです。

 

 そしてすくなくても歴史には二通りの楽しみ方があることを理解して、お互いの楽しみ方を尊重しあえば「歴史好き」の空間はより楽しくなり、そしてお互いに利益があるのではと思ったのです。

 

 たとえば「歴史学好き」から「歴史物語好き」へは、新しい歴史的事実という歴史物語への新しい題材が提要されます。そうしたら新しい歴史作品が生まれ、より楽しむことが出来ます。

 

 たとえば「歴史物語好き」から「歴史学好き」へは、山本勘助の史料の例にあるようにエンターテイメントとしての歴史物語から多くの人が興味を持つことにより新しい資料の発見につながることもありますし、史跡の保存などにも力になると聞いています。

 

 

f:id:katcat:20160910104729p:plain

 

 

 このようにいままでひとまとめにされていたためにきちんと見えなかったお互いの立ち位置が、お互いに理解してそれぞれ尊重し、お互いに協力し合える関係になれたらいいなと思い、前から感じていた「歴史好きと言っても、大きく分けて2通りの考え方が違う人たちが混じっている」という考えを文章化してみました。

 

 

 

2016年6月終了アニメ感想

 2016年6月に終了したアニメの感想です。

 

 

 

 

宇宙パトロールルル子(最後まで視聴)

 最初は面白そうに思えたのですが、話が進むにつれて恋愛感情とか初恋とかそのようなものが話の中心になってきたので、恋愛モノが楽しめない僕はだんだんと興味を失ってしまいました。

 

 

 

 

ぷちます!(最後まで視聴)

 なんか、『ルル子』の後に放送していたので、見ていた。『アイマス』はよくわかりませんが、プチがかわいい。以上。

 

 

 

 

ばくおん!!(最後まで視聴)

 最初は「この作品はバイクの面白さを伝えるのが目的の一つではないの?なんか登場人物がそれぞれバイク乗りの嫌な面を表しているように感じるんだけど?」と頭の中に疑問符が飛び交いました。

 作品が面白そうだとかバイクってよさげだなとかそのような感想以前に、「このアニメの企画、大丈夫か?このまま視聴しても企画自体がズレている感じだし楽しめるのか?」と不安になりました。

 

 が、発想を変えて「バイクに限らずオタクの会話って、この作品の登場人物のようなな面がどうしても出てしまうケースって多いよね」と、自分の事のようにとらえると楽しめてしまいました。

 バイクに興味がなかったので作品の内容をすべて理解できたはずはありませんが、オタクの嫌な面を楽しむという感じで楽しめてしまいました。

 

 あと、バイクのカバーを布団干しで挟んで風で飛ばないようにしているキャラがいたのです。自転車のカバーがよく風で飛んで困っていた僕はこのアイデアを見て「奇才現れる」とガクガク震えてしまいました。

 そのような意味では、僕の生活を向上させた作品でもあるのです。

 

 

 

 

とんかつDJアゲ太郎(最後まで視聴)

 原作が大好きなので、アニメも楽しめました。DJととんかつは同じというむちゃくちゃな展開が、動きと音でさらに謎の説得力を強化した怪作で素敵でした。

 

 アニメ化前なのですが、勘違いからクラブ系のイベントに参加することになった僕は、そのようなイベントに参加したことがなかったので楽しめるのか心配でした。

 が、『とんかつDJアゲ太郎』を読んでいた僕は、「あぁ、アゲ太郎で書かれていたのはこういうことなのか」と、この作品で得た知識を基にイベントを楽しみました。それはもう食事スペースでとんかつが売られていないことが不思議に感じるぐらいには。

 てなわけで、僕の趣味の幅を増やしてくれた作品でもあるのです。

 

 

 

 

三者三葉(最後まで視聴)

 『未確認で進行形』は途中まで楽しめたのですが、恋愛モノが楽しめない僕は恋愛色が強くなるにつれて視聴するのがきつくなり悲しいことに途中で視聴を諦めたのです。

 その『未確認で進行形』の原作者の別作品と聞いて、今度は最後まで視聴できたらいいなと思いながら視聴していました。

 

 なんかメインの3名の個性が周りのキャラで薄れていますよね。

 葉子さまはプライドの高い元お嬢様ですが、タカピーキャラはピンク髪の人がいて被ってしまっていますし。

 葉山さんは腹黒とのことですが、腹が伏魔殿な元メイドがいますし。どちらかといえば猫狂いなキャラで覚えていたのですが、『ねこぐるい』なら美奈子さんの方が酷すぎますし(注:『ねこぐるい奈美子さん』は全く別の作品です。本来なら比べる対象ではありません)。

 双葉の大食いぐらいがキャラとして立っているわけです。が、川名みさき先輩…(だからみさき先輩は別の作品のキャラなので、比べる対象ではないです。が、パン1斤はどうしてもみさき先輩を思い出してしまいます)。

 

 そのようなわけでキャラの配置が失敗しているのでは?と思いながら視聴していたわけですが、そんなことはどうでもいいのですよ。楽しめたわけですから。

 すごく面白い作品ではないかもしれませんが、なんていのかメインの3名が集まって昼ご飯を食べているシーンを見ていると、なんだかホッとしてほのぼの楽しめるのです。

 

 あと、関係ないですが僕の中で山路のハイスペックは「モフモフだから」で決着しています(『未確認で進行形』ネタ)。

 

 

 

 

うさかめ(最後まで視聴)

 「てーきゅう公式ライバル」という文面に惹かれて一度は原作の方を読んだのです。が、その時はあまり楽しめませんでした。

 その作品がアニメ化すると聞いたときには、5分アニメだしあまり期待せずに見ておこうか程度で視聴していました。

 

 ところがどうだ。意外や意外、結構楽しめてしまいました。

 おそらくですが『てーきゅう』と全く同じようなノリやテンポをきたしたら、原作を読んだ時の僕のように楽しめないと思われます。

 『てーきゅう』と同じようなノリやテンポを全く期待せずに観たアニメは、そのような先入観がなかったために楽しめたのではないのでしょうか。

 

 

 

 

 

 

『艦これ』航泊日誌 その8

 

『皐月』3回目

 

 祝・皐月さんが改二になりました。改二が実装されたときには、主力のはずなのにレベルが足りませんでした。

 

 今の今まで、軽巡駆逐艦が活躍できるキス島を発見して以来、そこでアニマルズや皐月型の活躍を見ては満足してプレイを終わるスローライフを過ごしてきたので、レベルが全然上がっていなかったのです。

 

 すこし艦娘さんたちに頑張ってもらい、ようやくリランカ島まで進出しましたし、皐月も改二になったわけですよ。めでたいね。愛でたいね。

 

 

 

 

 次の艦娘さんを紹介する前に。

 祝『どきどきポヤッチオゲームアーカイブスに登場です。そのようなわけで

『最上』『三隈』

 のペッタンコ・シスターズですよ。

 

 元ネタの『どきどきポヤッチオ』にでてきたペッタンコ・シスターズはマリンとリリィですが、マリンはショートカットでリリィはツインテです。最上と三隈みたいですよね。

 

 最上の外見は結構好みなのですがいまいち引っかかる要素がないために愛用していなかったのですが、三隈が艦隊に来たときに頭の中でペッタンコ・シスターズが浮かびあがり、愛用するようになったのです。

 

 そのようなわけで『どきどきポヤッチオ』をよろしく~~ん。

 

 

2016年3月終了アニメ感想

 

 2016年3月に終了したアニメの感想です。最後まで見た作品もあれば、途中で脱落してしまった作品もあります。

 

 『てーきゅう』は前回で書いていますので今回は省略します。

 

 

機動戦士ガンダム 鉄血のオルフェンズ』(全話視聴)

 大変面白かったです。

 

 少年兵の物語であると同時にヤクザモノでもあり、社会問題も考えさせられる意欲的な内容でした。

 

 内容だけでなく構成の面でも意欲的だと感じました。全てのガンダム作品を見ていないので断言は出来ませんが、戦闘シーンを少なく(まったく戦闘シーンの無い回もある)しただけでなく話の進みを遅くするかわりに、世界観や登場人物の掘り下げに力を入れているというか。

 ロボットアニメとしてはマイナスになりそうな構成なのに、それでも面白いのがすごいと思う。

 

 またキャラクターの造詣も、理解しやすいようにテンプレートに沿ってはいるけど、テンプレートをそのまま利用していない点も良かったです。

 分かりやすいのはクーデリアさんです。テンプレート的には世間知らずなお嬢様って立ち居地ですし、実際そのように捉えることもできます。

 がしかし実の父親が自分の暗殺に手を貸していると推測してそれを受け入れられる人物を、僕は世間知らずとは思えないのです。経験不足とは思えますが。

 

 主人公の三日月についても考えることをオルガにまかせていますが、それは思考停止の結果でもなく、効率は考えていますが楽をするためでもなく、自分で考えたうえで矜持をもって考えることをオルガにまかせているわけです。

 考えた上で考えることを任せる、なんか矛盾しているような文字列ですが、分かりやすいようにテンプレートを利用しているものの、レンプレートどおりの人物像ではないわけです。

 

 話の内容も、作品の構成も、キャラクターの造詣も、分かりやすいようで複雑、難しいようで分かりやすい。一筋縄ではいかないにもかかわらず、それでも素直に楽しめる、そのような作品でした。

 

 

 

 

『アクティヴレイド 機動強襲室第八係』(途中で視聴終了)

 真面目なパートとギャグ・コメディのパートの切り替えが上手くできなかったので、楽しむことができませんでした。

 作品が悪いというよりは、僕との相性が悪いと思います。つまり僕が悪い。

 

 

 

 

大家さんは思春期!』(途中で視聴終了)

 ニコニコ動画で視聴していたのですが、チエちゃんが可愛い以上の感想が出ずにストーリーの先が気にならないために一度視聴を忘れたらそのままずるずると視聴しない状況に。

 可愛いは正義かもしれませんが、僕の作品の嗜好的には可愛いだけでは視聴が続かないのです。困った。

 

 

 

 

魔法少女なんてもういいですから。』(最後まで視聴)

 ゆずかが可愛い。以上。

 『大家さんは思春期!』が途中で視聴終了でこの作品が最後まで見れた理由は、この作品はGyaO!で視聴していたのですが、更新日が大好きな『てーきゅう』と同じ日だったためです。

 

 

 

 

『Dimension W』(最後まで視聴)

 始まり方が『ジャイアントロボ~地球が停止する日』のシズマドライブみたいだなと気になってしまったので、視聴開始。最後まで楽しく視聴できました。

 

 

 

 

『この素晴らしい世界に祝福を!』(最後まで視聴)

 雑な「最近のラノベ」語りで扱われるラノベイメージの一つ、「MMORPG風異世界ファンタジーで俺ツエーな作品」を根底にパロディにした作品。

 主人公の能力平凡、仲間は高性能な面はあるが基本ポンコツとして、MMORPG風異世界ファンタジーでの俺ツエーしない作品。

 ですが、縛りプレイを眺めている感覚で楽しく視聴しました。

 

 作者はいろいろ工夫しているのに、それをテンブレだといって否定しているわけですから「個人の嗜好は抜きにしても、作者の工夫に気付かないのは貴方の力量不足では?」としかなりませんよね。

 

 

 

 

『艦これ』航泊日誌 その7

 

『木曽』

 2014年に艦娘について書いたときに、球磨型のなかで唯一ふれなかった娘。ちょっと可哀そうになってとりあえず使用開始。

 

 使い始めたときには何だか怖いというイメージしかなかったのです。

 

 しかし球磨型全員で見ると。姉達が熊、猫、色ボケ、超マイペースとどうしようもない属性なので「自分がしっかりしなければ」と思ってあの性格になったと考えると、…可愛いじゃないか。

 

 姉達と一緒の艦隊になってみると、どうしようもないはずの姉達が意外と優秀だと分かった後も、いまさらこの性格を直すわけにもいかないしなぁとか考えていると思うと、…可愛いじゃないか。

 

 実はときたま昔のように姉達に甘えてみたいと思ったりもするけど、今さら甘えることもできないよなぁとか考えていると思うと、…可愛いじゃないか。

 

 そのようなわけで、今ではお気に入りの艦娘の一人です。

 

 

 

『球磨』2回目

 うちの艦隊の球磨ちゃんは、球磨焼酎大好きなロシア人少女で意外とお姉ちゃんしているしっかりものです。

 

 なので大晦日の台詞「大掃除だクマ。球磨も頑張るクマ。でももう飽きたクマ。逃げるクマ」を聞いたときには、イメージが違うなぁと思いました。

 

 しかし木曽の大晦日の台詞を聞いて納得しました。そうか、球磨お姉ちゃんは木曽の応援に行きたかったんだね。なんだかんだで末っ子に甘いね。

 

 そして末っ子の応援に行きたくてそわそわしている姉を見て、怠ける気マンマンだった妹たちも

「多摩の手も借りたいって?しょうがないにゃあ」

「あ~、もうやっちゃいましょう」

「北上さんがいいって言うなら」

となんだかんだと手伝いを始めるわけですね。

 

手伝ってくれた妹たちに感謝しつつも「いつもこの半分でいいから真面目に手伝ってくれたら、お姉ちゃん助かるんだけどなぁ」と思ってしまう、球磨なのでしたぁ。

 

と、久しぶりに「今日のわんこ」風に締めます。