KATCATの巣

ふしあわせという名の猫がいる-だから私はいつもひとりぼっちじゃない

歴史物語がつまらないからといって、考察批判をしないほうがいいと思う理由をいくつか

 

 僕は「歴史物語好きだが、物語をより深く楽しむために歴史学にも触れている歴史好き」です。

 歴史好き、歴史学好き、歴史物語好きという分類は僕が勝手に行ったものなので詳しくは

を読んでください。

 

 そのような僕にちょくちょく聞こえてくる歴史学好きの発言に「歴史好きが考察批判を行うのは、その物語がつまらないから」というのがあります。

 確かに物語がつまらないと些細な歴史考察の粗がどうしても気になってしまうというのは、歴史物語好きである僕でもあることです。

 それ以前に「歴史」物語を作る以上は歴史にこだわってほしいというのは、歴史物語好きである僕にとっては当たり前のような要求なのです。

 

 しかしそれでもです。歴史物語がつまらないからといって、それを理由に考察批判をするのはやめたほうがいいと前から思っていたので、その理由をいくつか挙げていこうかと。

 

その1、物語の面白さは一つではない

 具体的な例を挙げればNHK大河ドラマ篤姫』。歴史好きからの評価は低いですが、高視聴率でした。もうこの作品を挙げるだけで歴史好きの評価だけが面白さの基準でなないわけです。そのような中で「その物語がつまらないから」と言われても一方的な視点でしかないのです。

 

その2、「物語の面白さ」と「歴史考察」は別問題

 世の人たちがそろってツマラナイと評価する歴史作品があったとします。その場合でもやはり歴史考察批判を行うのは悪手だと考えているのです。

 その理由は歴史作品の物語がつまらないのは単純に物語がつまらない場合が多いからです。なのでここで考察批判が反映された作品になってもつまらないままだからです。

 このように物語がつまらないからといって考察批判を行っても、はたから見たら何の役にも立たないアドバイスでしかないからです。

 なんの役にも立たない、ならまだいいのです。物語がつまらない原因なのに、わざわざ問題を歴史考察にすることで、まるで歴史がつまらない原因と思われてしまう可能性すらあります。

 実際に「考察のこだわり過ぎが原因で面白くなくなった」という批判はよく見聞きすると思います。

 

その3、史学棒で殴るな

 上ですでに挙げていますが、「物語の面白さ」と「歴史考察」は別問題です。もうちょっと付け足しますと「物語の面白さ」は主観的で「歴史考察」は客観的なものだと考えています。

 そして主観的な「物語の面白さ」を客観的な「歴史考察」で殴るのは、悪い印象を与えてしまうのではないのでしょうか。

 違う部分も多いのですが、私的領域の部分まで公的なポリコレ棒が振るわれている様子を思い浮かべたら、歴史物語を史学棒で殴る悪印象を想像できるのではないのでしょうか。

(個人的にはポリコレ棒という単語は好きではないのですが、歴史クラスタの間で学問棒という単語が流行っったことがあったのでたとえ話にいいかと利用していました)

 

その4、「その物語がつまらないから」って嘘だよね

 よく歴史学好きが考察批判する対象に、司馬遼太郎作品と塩野七生作品があります。

 司馬遼太郎作品と塩野七生作品、面白いですよね。多くの考察者が「作品は面白いけど」と前置きしてから歴史考察を行っていますよね。「歴史好きが考察批判を行うのは、その物語がつまらないから」じゃなかったのですか?

 それとも司馬遼太郎作品と塩野七生作品が面白くないとでも?

 いやまあ、歴史学好きが批判するのは司馬遼太郎作品と塩野七生作品が嫌いだからではなく司馬遼太郎個人と塩野七生個人に対する恨みでもなく、作品の愛読者の一部に「司馬先生はそんなことは言っていない」と歴史学に噛みついてくる厄介さんがいるからなので、その点で歴史学好きを非難するのはアンフェアだとは自分でも思っていますよ。

 だからこそ余計な言い訳は墓穴を掘るだけだからやめたほうがいいんじゃないですか。

 

 

 

 

 以上が歴史物語がつまらないからといって考察批判をしないほうがいいと思う理由でした。面白さなんて曖昧な根拠で批判するしないを判断するのも問題ですし、物語がつまらないという問題点を歴史が原因にとらえかねないし、傍から見たら悪印象だし、そもそも「面白くないから」って理由自体が誤魔化しだという事です。

 

 最後に歴史好きは歴史考察をしたらダメと言いたいわけではない事を話させてもらいます。

 僕は「歴史物語好きだが、物語をより深く楽しむために歴史学にも触れている歴史好き」なので歴史物語に触れたら物語はもちろん、歴史考察も楽しんでいます。

 ですが「歴史好きが考察批判を行うのは、その物語がつまらないから」という言動は歴史に対して悪印象しかないからやめたほうがいいと言いたいのです。物語がつまらないなら考察批判を行うのではなく、素直に「物語がつまらない」と言えばいいのです。

 そして物語の面白さとは別に、歴史考察を楽しめばいいのです。つまらない物語を叩くために考察を行うのではなく、歴史を楽しむために考察したほうがいいと考えるのです。

 

(歴史のそして物語の楽しみ方は人それぞれなので断言的な言い回しは避けようと思っていたのですが、最後はなんか断言的になってしまいました。ごめんなさい。でも書き直すの面倒くさいのでそのままにしておきます)

 

 

 

 

2107年12月終了アニメ感想

 

 今更ですが、2017年12月に終了したアニメの感想です。ますます今更ですが、2017年9月に終わったものの見終えなくて、トルネ君が録画してくれたものを後から視聴した作品もあります。具体的には覚えていない部分も出てきており、まあ感覚的に記録しています。

 

 

 

 

プリンセス・プリンシパル(最後まで視聴)

 面白かったのですが「チェンジリング作戦」だとかその伏線だとか、そのようなものはほとんど気にすることなく、単話ごとのスパイアクションだとかスパイの悲哀だとかそのようなものを楽しむ視聴スタイルでした。

 なので製作者の意図からしたらいい加減な視聴だったのは理解していますが、楽しかったから個人的には良しなのです。

 

 

 

 

 

少女終末旅行(最後まで視聴)

 終末世界を静かに散策って、素敵ですよね。でもあまりこのような作品を思い出せないのですが。

 施川ユウキ先生の『オンノジ』とかもそのような雰囲気ありましたよね。移動手段が原付が限界な小学生とフラミンゴの中学生の二人組なので、行動範囲は限られていましたが。

 話がズレました。

 あとは二話目を撮り逃がしたのでニコニコ動画で見ていたのです。お魚がどこから来たのかの話題のお喋りを聞きながら、「街が積み重なっている世界だったのかな」などと思っていたら、コメント欄に「ケイオスヘキサ」の文字が!!!古橋秀之作品の読者はまだ残っていたんだと感動したものです。終末世界を静かに散策している感があると思いませんか?

 古橋秀之作品はまだ終わっていません。つい最近も『百万光年のちょっと先』が発売されましたのでよろしくなのです。

 また話がズレた。

 

 

 

 

 

 

 

2107年9月終了アニメ感想

 

 2017年6月に終了したアニメの感想です。『プリンセス・プリンシパル』はトルネ君が録画してくれていますが、まだ見ていません。

 10月から始まった作品は、『ポプテピピック』が延期になった事以外はまともにチェックしていなかったので、視聴できていません。かろうじて『少女終末旅行』だけは最初から視聴できました。

 

 

 

 

信長の忍び(1期・2期含めて最後まで視聴)

 半年間とても楽しませていただきました。

 

 原作の雰囲気やテンポを忠実に再現しつつ、かといって原作をそのままアニメ化したのではなくアニメに合う合わないネタを選別して実に職人技でした。そのために原作の好きなネタが省かれたりもしていましたが、それはそれ。

 

 

 

 

てーきゅう 第9期』(最後まで視聴)

 セリフが早くて聞き取るのが困難なアニメ。

 これだけ聞いたらダメアニメに思えますが、極端は弱点であるが極めたら長所になることを証明したアニメ。

 楽しんだけど面倒くさいので8期の感想をコピペしました。

 

 

 

 

ゆゆ式OVA

 今年の2月発売なのでとっくに感想を書いていないとおかしいのですが、この記事を書くときに昔の記事を確認してみたら書いていないようなので今書く。

 と言うかTVアニメ版ゆゆ式が放送されたのって、このブログでアニメ感想を書き始める前なのか。そう考えると時の流れって凄いね。

 OVAだからといって特別なイベントがあるわけでもない、ふつーの三名がそこに居ました。

 何が面白いのかよく分かりませんが、なぜか笑ってしまう。とにかく3人の現実に居そうで居ないキャラクターと、その3人の間に流れる空気が好き。そのことを再確認できた素晴らしいOVAでした。

 

 

 

 

 

診断テスト『寂しさ認定協会』紹介

 

診断テスト『寂しさ認定協会

 

 

 

f:id:katcat:20170910132547p:plain

nogawaさんの寂しさを

f:id:katcat:20170910132512p:plain

に認定します。

 

「南極」の寂しさレベルは、レベル0からレベル15まであるうちの「レベル10」です。

f:id:katcat:20170910132653p:plain

 

グラフ

 

f:id:katcat:20170910133038p:plain

 

総合解説

 nogawaさんの寂しさレベルは、この診断では「そこそこ」に思えますが、これはすでに「強烈な寂しさの中で生きている」と言っても差し支えない範囲です。もし世の中の明るく清々しく生きている人の脳内に、「あなたが普段感じる寂しさ」を移植したら、一気に生活が乱れたり、普段している努力ができなくなったり、発狂するレベルだと思われます。このような中でもし人並みに生きることができたら、それだけで人生100点というぐらいではないでしょうか。

 また、あなたの寂しさは、例えば他者への攻撃として出たり、例えば異性への依存(あなたが重くなるなど)に出たり、酒やタバコなどに転嫁されることもありますが、同じぐらいの確率で、自分が悪いとか、迷惑をかけてはならないなどと押し込めていく方向にも出ます。寂しさのやり場に困っている様子がうかがえます。

 

寂しさの内訳

◆根なし草感による寂しさ
[ 61点 ] 根なし草感はそれなりの強さです。これは国籍など自分のルーツがはっきりしなかったり、住んでいる場所に地元意識が芽生えていなかったり、帰るべき場所が安定していなかったりして、自分が浮草のような、心の根を下ろす場所がないような気持ちに襲われているということを意味します。なんとなくこのことがあなたの寂しさを助長しています。
◆不遇や不運による寂しさ
[ 8点 ] 不遇や不運による寂しさとは、例えば与えられた環境がもともと良くないものであるとか、例えばどうしようもない病気やどうしようもない悲しい出来事に遭ったことによる寂しさです。ですが、あなたは充分に恵まれていたか、人生の理不尽さをほぼ克服していて、特にこの点では問題がありませんでした。
◆愛や情熱を注ぐ相手(対象)がない寂しさ
[ 57点 ] 長嶋茂雄は「野球は人生そのもの」だと言いました。そのように人生を賭して取り組むものがないこと、子育てや恋愛などで守るべきものがないこと、これがあなたにとってそれなりに大きいのです。自らを捧げる対象がないこと、それは寂しさのメインではないかもしれませんが、確実にあなたの人生を寂しくさせています。
◆愛されたり甘える場所がない寂しさ
[ 35点 ] 最近、人に包まれたり守られたりして、安心して眠るような気持ちから遠ざかっているのではないでしょうか。愛されたい気持ち、守られたい気持ち、安心したい気持ち、が充分には満たされていません。これによって決定的に寂しいというほどではないにせよ、ため息が出るような気持ちにはなるはずです。強く、そして勇気を持って生きるには、まずは充分な依存が必要であり、この点が不十分であることが確実にあなたの人生を重くしています。
◆力不足や人から必要とされない寂しさ
[ 100点 ] 能力の不足や、社会での居場所の無さ、お金の無さ、または単にモテないことなど、人から必要とされないことでも寂しさは強まります。あなたはこの点でだいぶ寂しさが強まっているように思われます。能力やお金やカラダが必要とされたからといって寂しさが完全に埋まるわけではありませんが(ときに虚しくなりますが)、0点が30点になるぐらいの効果はあります。何も必要とされなければ強烈な寂しさに襲われます。
◆人と心を深くつなぐことができない寂しさ
[ 55点 ] 我々の心は、例えば遊びにいったときに誰かと思い切り盛り上がったりして、心の底からつながっていると感じられることで充足感を得ます。しかし、例えば自分だけの秘密を抱えていたり、到底理解されないであろう心の闇を抱えていたりして、「自分と他の人は違う」「みんなには分からない」という心理になってしまうと、周囲との心のつながりが断たれます。あなたはこの「心のつながり」という部分で、それなりに寂しさを抱えているように思われます。孤立とまでは言いませんが、深くつながれていない感じがあるようです。
 
寂しさによる損害額
9,800円(1日あたり)×365日=3,577,000円(年間)
 
その他コメント
◆あなたにとっては、「ずっと変わらないもの」をたくさん作っていけるかが今後のカギです。安定的なパートナー、住まい、所属や職業、などなど。それがあなたの寂しさを緩和させることにつながるでしょう。
◆世の中には困っている人がたくさんいるので、人の役に立つ活動でもしてはどうでしょうか(すでにしていたらごめんなさい)。または不幸な犬や猫などを幸せにしてあげることなどでも、あなたの寂しさは多少癒えるかもしれません。
◆あなたはもう少し馬鹿にならないといけないかもしれません。そのためには徹底した諦めと開き直りが必要で、しばらくはそのことに集中する必要があるでしょう。
◆社会生活、あなたの寂しさはここに集中しているように思われます。もしこれがなかなか解決できない問題でしたら、他のことで努力したり幸せになるよう努めたほうが良いかもしれません。それによって元々の問題が解消する、ということも往々にしてあるものです。
 

 

南極という評価を見て「南極にはコウテイさんやアデリーさんといったペンギンさんがいるからなぁ」と思い、「このような中でもし人並みに生きることができたら、それだけで人生100点というぐらいではないでしょうか」という解説を読んで、「よし、僕の人生は高得点」と思えた、そんな日の事。

 

 

 

診断テスト『性格診断・心理テスト』紹介

 

診断テスト『性格診断・心理テスト

 

 

 

性格タイプ

nogawaさんの性格タイプは ナマケモノ と判定されました。

 

解説

ナマケモノ型のnogawaさんは、パワー、オーラ、影響力、活発さ、フットワーク、という言葉から無縁です。あまり要領が良い人でもないでしょう。ナマケモノという動物は樹上で賢く敵を避けていますが、結構な頻度で、ワシにさらわれて食べられてしまいます。

陽気でさわやかな感じというのも一切なく、どちらかというと後ろ向きな性格でしょう。そういった若干の陰湿なイメージも、ナマケモノ感が出ていると言えます。だるーんと生きていても明るく幸せでいられるならそれが一番良いのですが、そのエネルギーのなさがどんどん状況を悪くして、人生を難しくしていくものと思われます。

 

 

大物スコア

19点

※現時点での器の大きさです(成長します)。70点以上になりづらい仕様になっています。

100点・・・全知全能
95~99点・・・奇跡
90~94点・・・伝説
85~89点・・・怪物
80~84点・・・大器
75~79点・・・優秀
70~74点・・・なかなか
60~69点・・・まぁまぁ
50~59点・・・平凡
40~49点・・・センチ
30~39点・・・ミリ
29点未満・・・ナノ

 

生きやすさスコア

18点

※社会への適応しやすさと人間関係などを考慮したスコアです。

90点以上・・・のびのび
80~89点・・・まぁまぁ
70~79点・・・それなり
60~69点・・・やや困難
50~59点・・・しんどい
40~49点・・・針のむしろ
39点以下・・・無理

 

 

 

男性的VS女性的

この診断プログラムがnogawaさんの性別を知らない場合、nogawaさんをどちらの性別だと予想するのか、が示されています。

f:id:katcat:20170902070004p:plain

 

 

 

性格の内訳

f:id:katcat:20170902070301p:plain

 

 

50歳天気予報

50歳時点のnogawaさんを予報します。
※良い順に、晴れ/晴れ時々曇り/曇り/雨/雪、です
 
仕事の成功

f:id:katcat:20170902070538p:plain

 

人生の楽しさ

f:id:katcat:20170902070538p:plain

 

 

 

その他の要点

人間関係は円滑にいきそうか

かなり苦労しそうです。そもそもnogawaさんがあまり人を信用していないようです。

サラリーマン適性

全然向いていませんし、むしろ避けるべきです。人間関係がやはりネックになりそうです。

デザイナー適性

全く向いていません。検討するに値しません。

芸術家適性

全く向いていません。検討するに値しません。

論理的か感覚的か

どちらとも言えません。どちらにも偏っていません。

生産的か消費的か

どちらとも言えません。努力や向上心も強くはないですが、だらっとしたいわけでもなさそうです。ぼーっとしているだけなのかもしれません。

自分の考えと柔軟性

プライドがあまりなく、自分の意見や考え方にこだわるタイプではありません。なのに、他の人の考えや価値観を聞いて取り入れようとはしません。どちらもありません。

強さと優しさ

自分への厳しさや、強く生き抜く姿勢というのは、あまりありません。人への思いやりや優しさは微妙です。どちらもさほどありません。

損得勘定と納得感

微妙ですが、愛や義理や納得感などのプライスレスなものより、お金や人からの評価など、即物的なもの、目先の損得をどちらかと言えば優先します。

 

 

 

余計なこと

◆みなさんに言えることですが、特にnogawaさんは、交通事故に気を付けてください。

◆一生、お金のことで苦しみそうな予感がします。一発逆転が必要です…。

◆人から怒られたときに、不意に涙が出てくる人でしょうか。人柄はそのままで良いのですが、そのときだけ心を殺す練習をしましょう。

◆午前中の表情が死んでいる可能性があります。午後3時ぐらいから本調子が出る人ではないでしょうか。

◆あなた、スマホ依存ですよね?たまにはスマホを持たずに生活してみてください。

◆あなたの趣味について、聞かなくても分かります。アニメ、漫画、ゲーム。いずれかのガチヲタです。

◆試験の前になると部屋の模様替えとか掃除をする人ですか?「やらなくてはいけないことから逃げる悪癖」がありそうです。

◆ボウリング、相当に下手ですよね?スコア100に到達できるとは思えません。

◆暴力的な人や、残酷な人、半端ではなく図々しい人が、nogawaさんのところへ寄ってくる可能性が高いでしょう。特に恋愛ではそうです。そういう人を見抜いて避ける術を身に着ける必要があります。
 

 

そうか、僕はナマケモノかぁ。と妙に納得できる診断テストでした。